途中で中断しないように | ペットの常備薬に最適!感染症にアジー1000mgはいかがですか

MENU

途中で中断しないように

カプセルを摘まんでいる

手元にアジー1000mgがあれば、ペットが何らかの感染症になってしまったときでも速やかに服用させ、症状を治療することができます。
常備薬として非常に優秀なアジー1000mgですが、実際にペットに服用させることになったときは、最後までしっかり服用させることが大切です。
アジー1000mgで感染症の症状を治療するときは、犬と猫でそれぞれ決められている服用期間をしっかりと守るようにしましょう。

何故、アジー1000mgは最後までしっかり服用させるのが大切なのでしょうか。
1000mgをはじめとした各用量のアジーは、医薬品の中では抗生物質に分類されます。
抗生物質は細菌に対して非常に高い効果を発揮しますが、中途半端に服用してしまうと、細菌がその抗生物質に対して耐性を持った耐性菌になってしまう可能性があるのです。
ペットの体内にいる細菌が耐性菌になってしまった場合、アジーでは治療することができなくなってしまい、かえって症状を治療しにくくなってしまうのです。
症状が治まったように見えても、完治したというわけではなく、実際には体内でまだ細菌が残っている場合もあります。
こういった理由からアジーを服用させるときは最後までしっかり服用させるのが大切だといわれているのです。

飼い主さんの中には医薬品をできるだけ使いたくないと考えている人もいて、そういった人ほど、症状が治まったように見えたらアジーの使用を中断したくなると思います。
しかし、症状が治まった=完治というわけではないことをしっかりと頭に入れておき、症状が治まっても最後までアジーを服用させましょう。