アジーの有効成分は? | ペットの常備薬に最適!感染症にアジー1000mgはいかがですか

MENU

アジーの有効成分は?

容器に入っているカプセル

風邪をはじめとしたさまざまな感染症に対して効果を発揮し、ペットの感染症を効果的に治療してくれるアジー1000mg。
アジー1000mgの効果は飼い主さんたちからすると非常に頼りになるものですが、どのような成分が含まれているのか気になる人もいるのではないでしょうか。
特に海外製の医薬品をペットに対してあまり使ったことがない飼い主さんにとって、アジー1000mgは未知の医薬品に見えてしまうと思います。
安心してアジー1000mgを使える状態にしておくためにも、アジー1000mgに含まれている成分について知っておきましょう。

アジー1000mgをはじめとした、各容量のアジーに含まれている有効成分はアジスロマイシンという成分になります。
この成分はジスロマックに含まれているものと同じで、さまざまな細菌のタンパク質合成を阻害して増殖を防ぐ効果があります。
体内に入った細菌はタンパク質を合成することで細胞分裂をし、増殖をするため、体内で増えるためにはタンパク質合成が必須になります。
つまり、タンパク質の合成をできないようにすれば、細菌は体内で増殖することができないということになりますよね。
アジスロマイシンはここに注目して作られた成分で、細菌の増殖で大切な部分になるタンパク質の合成を上手くできないようにすることで感染症を治療してくれるのです。

また、アジスロマイシンにはアレルギー反応が起きることが少ないという特徴ももっています。
感染によって起きる炎症や発熱などの症状を素早く改善してくれるため、非常に頼りになる治療薬となっています。